外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

信頼できる塗装屋さんの見分け方って?

【第56回-3放送分】

信頼できる塗装屋さんの見分け方って?

田野さん:雨漏りのお話をお伺いしましたが、「塗り替え相談室」ですから、今度は塗り替えのお話を色々とお伺いしていきたいなと思うんですが。

川口:はい!

田野さん:改めてになりますが、塗り替えするのは屋根や壁ですよね?

川口:そうです。

田野さん:屋根と壁って素材が違うじゃないですか?

川口:違いますね。

田野さん:塗る塗料は、素材が違っても同じものを塗るんですか?

川口:いやいや、違いますよ、素材の前に部位によって。

屋根と外壁では基本的に塗る塗料は違うと思っていたほうがいいです。

田野さん:えー!

川口:同じものもあるんですけど「基本的には」ですよ。

基本的には違うものを塗る。

屋根は屋根用、壁は壁用というふうに覚えていたほうが間違いはないかもしれませんね。

田野さん:ということは、業者さんが見積書を出してくださった時に、そこはチェックしないといけないですよね。

川口:そうですね。

業者さんに聞いてみてください。

「これは壁用なんですね」「これは屋根用なんですね」「これは同じじゃダメなんですか」とか、色々聞くといいです。

田野さん:場合によっては、一緒のものを使われてしまうなんてことも?

川口:もちろん、あります。

ここのスタジオに何回も来てくれたガイナさん、断熱塗料の優秀なメーカーさん。

あのガイナという塗料は、屋根にも壁にも同じものを塗りますから。

田野さん:へー!

川口:だから全然間違いじゃないですよ。

田野さん:じゃあメーカーによって?

川口:そうそう。

メーカー、塗料によって屋根と壁の両方に使えるというものもたくさん存在します。

田野さん:でも、私たちには分からないですよね。

川口:分からないですよね。

だから詳しく聞かないといけないですよね、塗装屋さんに。

田野さん:それこそ信用できる塗装屋さんを選ぶことが大切ということですね。

川口:そういうことですね。

田野さん:じゃあ、信頼できる塗装屋さんの見分け方って何かあるんですか?

川口:うーん。

これは非常に難しいんだけど、今はインターネットで情報をたくさん拾えますよね。

調べることが出来るじゃないですか。

田野さん:はい。

川口:ですから、まずは自分で色々調べるといいです。

で、それに対して思ったこと・感じたことを質問にして塗装屋さんにぶつけてみるといいです。

「こういう風に書かれてあったけど、これはどうなんですか?ということを。

これを考えずに的確にパッと答えてくれると、ちょっと安心じゃないですか?

田野さん:あー。

確かに川口さん、何を聞いても打ち合わせ0なのにパッと答えていただけますよね(笑)

川口:あ、そうか。

ラジオを聞いている人って僕らが打ち合わせをしていると思っているんですよね、多分。

打ち合わせはないです、僕のここのスタジオ入り、5分前ですから(笑)。

田野さん:あはは(笑)
「ちょっと待ってください、調べます」ではなく、そうやって答えていただけるってことは、頭の中に全部入っているからと。

川口:頭の中に入っているというか、我々は経験があるじゃないですか。

30年の経験があるので、経験したことをお伝えしているだけで。

僕らはカタログの言葉を並べているわけじゃないので。

やっぱり実践で培った知識、これを皆さんに正確にお伝えしたいなと思っているだけです。

田野さん:となると、営業マンと職人として働く方が別だと、これがまたそうもいかないということですよね。

川口:よく分かっていますね、その通りなんです。

ネクタイをされているキチっとした営業さん。

職人の経験が十数年ある営業さんも中にはいらっしゃるんですよ。

そういう人は間違いないと思います。

ただ、こないだまで「置き薬の営業をやっていたけど、転職しました」なんて人に聞いたって何にもならないです。

全然お話しにならないです。

田野さん:餅は餅屋ですね。

川口:そう思います。

田野さん:そういうところも含めて、皆さん信頼できる塗装屋さんを選んでください。

川口:そういうことです。

田野さん:でもやっぱり、自分でもよく勉強しないといけないんじゃないかということで。

勉強する機会があるんですよね?

川口:あるんです。

今週土曜の8日に、午前中は朝9時半から岡崎の市民会館、お昼からは安生の市民会館。

ここで、岡崎市民と安生市民の皆様方に市民講座、塗り替えセミナーという感じで塗り替えの時に知っておくべき基礎知識、業者の選び方、色々な見積りの見方など。

見積もりのどこを見るのが一番重要かということも全部お伝えする勉強会がありますので、これに参加していただけると非常によく分かります。

実際これに参加した方から「私、失敗しなくて良かったよ」とご丁寧にお手紙をいただいたこともあります。

非常に皆さんからご好評いただいております。

田野さん:こういうのを開催するのって、消費者センターじゃありませんけど「被害にあわないためにやってくださいね」っていう、そっち側の人がするんじゃないかなって思っていたんですけど、塗装に携わっている方がこういうことまでやるんですね?

川口:やるんです。

これは我々、毎月1回やっているんですが、北は宮城県の仙台市から、南は鹿児島まで。

8日、9日は全国80会場で全く同じセミナーが開催されます。

田野さん:何のために行っているんですか?

川口:日本全国の塗装で失敗する人をなくすために我々がやっているだけです。

業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です