外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

塗り替えが必要な場所

【第4回 放送分】

塗り替えが必要な場所は?

田野さん:さて、今日もいろいろなお話をお伺いしていきたいと思うのですが、その前に前回のお話を少し振り返っていきたいと思います。前回、その前もそうですが、塗料についていろいろなことをお伺いしましたよね。その塗料なのですが、塗っていくのは家のいろいろなところですよね。
具体的に家のどの部分に塗ればいいのかというところを今日は教えていただきたいと思います。
まず、塗り替えが必要な部分というのは、どんなところがあるのでしょうか。
川口:まず大きく分けて、屋根と壁の2つです。ただし、屋根でも壁でもそうですが、塗装が必要ない屋根もありますので、一概に全ての屋根を塗り替えるというわけでもないのですが、大きく分けて屋根と外壁、この2つが塗り替えの一番大事な部分だと思います。
田野さん:塗り替えが必要か、必要ではないかというのは、おうちの持ち主の方は分かるものなのですか。
川口:どうですかね。おうちを建てられたときに、当然のことながらハウスメーカーさんからご説明があると思うのです。そのときに、一生塗装は必要ありません、例えば、日本瓦です。これは釉薬瓦(ゆうやくがわら)といいまして、薬品を使って焼いている瓦なのです。表面がガラスっぽくなるのかな、こういう物は塗装が必要ないのです。ずっと何十年も家を壊すまで、そのままで大丈夫な瓦、それが俗にいう昔の日本瓦という物です。
田野さん:それと壁ですが、屋根、壁となっていないで、その間に隙間がありますよね。例えば、屋根の出っ張りの部分など・・・、それを軒と言うのですか。そういうところも全部塗り替えですか。
川口:もう全て塗ります。屋根も壁も全てそうなのですが、たくさんの種類があるんですね。最近、主に使われている物が、スレート瓦です。スレート瓦といいましても、工場のああいうスレートとはまた違って、俗にカラーベストといわれる、軽量で今住宅の主流になっている屋根材があるのです。このカラーベストというのは、10年をめどに塗装が必要となる材料です。
あとは、金属のトタン屋根です。トタンの屋根も、当然のことながら、いつかは紫外線の影響で傷んできます。これも将来的には塗装が必要な屋根材の一つです。あとは、セメント瓦です。最近ではモニエル瓦という洋風のおしゃれな瓦もあるのですが、これも塗装が必要となります。
田野さん:これは、建てたときに自分がどれを選んだのか覚えておかないといけないですね。
川口:そうですね、そう思います。
田野さん:壁を塗り替えようと思ったときに、屋根も必要なのかは見て分かりますか。
川口:当然です、もう見て分かります。プロの塗装屋さんなら大概分かると思います。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です