外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

業者選びで失敗すると?

第1回 放送分 【業者選びで失敗するとどうなる?自分でも塗装できる?】

田野さん:失敗があるということですが、正しくない業者さんを選んでしまって塗装が失敗してしまったいうことは、後々どんな影響が家に出てくるのですか。
川口:簡単な話です。先ほども申しましたが、常に酸性雨や紫外線にさらされていますから、
安い業者さんに頼むと、とにかく傷みが早く出てしまうのです。
その原因は何かというと、塗料メーカーでは1平方メートル当たりに300グラムから400グラムを必ず塗ってくださいとこれが基準になっているのですが、安売りの業者さんというのはそういうことを無視して、ただ単に色を塗る。
あとは、塗料メーカーが2回塗ってくださいと規定をしているのに1度塗りだけで終わらせてしまうという。
これが一番多い事故の原因です。長く持たない。せっかく100万円近くお金を支払っても、3年、4年でまた塗り替えが必要な状態になってしまった、一番多い理由がそこです。
田野さん:ということは、余計にお金を払って、塗り替え、塗り替えということに・・・。
川口:そういうことなのです。最初の30万円、40万円の差額を魅力的に感じるのですが、やはり根拠のない見積りの値段ですと後々後悔することになると思います。
田野さん:ただ、私たちでは、それが根拠のない見積りなのか、それが正しい見積りなのか、その見分け方が難しいですよね。
川口:難しいですね。これは本当に難しいんですね。ですから、我々は1カ月に1回、岡崎市の3会場で塗装の塗り替えの勉強会を行っております。
田野さん:これはどんな方が参加する勉強会なのですか。
川口:当然のことながら、塗り替えを考えていらっしゃるお客さまが、どんなふうに業者を選んだらいいのか、どんな塗料を選んだらいいのか、そういうことを勉強しに来てくださいます。
田野さん:これはどなたでも参加できるのですか。
川口:もちろんです。
田野さん:岡崎の3つ会場ということですが、どんな場所で行っているのですか。
川口:まずは岡崎市民会館、次に矢作町にあります、「やはぎかん(西部地域交流センター)」そして岩津町にある「なごみん(北部地域交流センター)」の3会場で1カ月に1回ずつ順番に回っております。
田野さん:では、そういうところに参加して、自分もしっかり勉強した上で業者さんと話すと正しい選び方ができるという。
川口:はい、そう思います。
田野さん:では、その勉強会で知識を得てしまうと「自分でも塗れるのではないか」と思ってしまう方もいるのではないですか。
川口:なるほど。自分で塗ってくださっても結構なのですが、なかなかそういうわけにはいかないと思います。犬小屋くらいなら日曜日にお父さんがホームセンターで塗料を買ってきて簡単に塗れますが、やはりおうちの塗り替えとなると足場も必要となってきますし、また高い場所、危険な場所の塗装も必要になりますので、なるべく業者さんに任せた方がいいと思います。
田野さん:職人の腕が必要ということなのですね。
川口:そういうことですね。
田野さん:ちなみに、川口塗装さんも塗り替えをする業者さんですが、「職人さん」という方がいらっしゃるのですか。
川口:もちろんです。実は、私も職人さんなんです。私の職人歴は25年ですか、25年塗装業界に身を置いております。今でこそペンキを塗ることは少なくはなっていますが、今でもたまには現場に出て職人さんと一緒にお仕事をすることもあります。
田野さん:ということは、職人である代表が見ているわけですから、川口塗装さんには本物の職人さんばかりがいるということですね。職人の目はごまかせないですものね。
川口:そういうことですね。
田野さん:では、こうやって信頼の置けるところにお願いをしなければいけないということですね。気になることがあるのですが、川口さんはなぜ塗装の仕事をしようと思われたのですか。
川口:私が塗装業界に入ったのが17歳のときなんですが、きっかけは、友達に誘われて入ったことかな。
田野さん:そこから腕を磨いて今に至るということですね。
川口:そういうことです。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です