外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

自宅の自己診断チェックのポイント

【第42回-2放送分】

自宅の自己診断チェックのポイント

田野さん:うちの近所も実は塗り替えをやってるんですけど。

川口:そういえば田野さんのところ、どうなったの?

田野さん:だからね、頑張って自分で見てますよ~。

ほら、川口さんのところのホームページに自己診断チェックってあるじゃないですか。

川口:よく知ってるね。

田野さん:あれでやってますよ。

自己診断チェックやってみたんですけど、まず外壁。

川口:うん?

田野さん:もう、まったく輝いてないです。

ツヤなんてないです。

これ良くないですよね?

川口:あ、それは・・・最初からツヤがない壁じゃなかったんですか?違うんですか?

田野さん:もともとそんなにピカピカしているようなものではないんですけれども、何でしょうね。

もうちょっと大分違いますよね。

ひと皮かぶっちゃった感じ。

川口:じゃあね、北側へ行って、日が当たらない北側の壁をよく見て、そしてまた南側へ戻って比べてみてください。

田野さん:なるほど!見比べることが大事なんですね。

川口:自分の家でね、東西南北で日が当たらない北側と常に日が当たっている西や南と比べて明らかに違うなと思えば、これはツヤがない分だけ劣化したという事ですよね。

田野さん:ああ・・・!

川口:北側っていうのは劣化しないですからね。

日が当たらないから。

苔だとかは生えやすいんですけど表面塗膜っていうのが傷むのは南に比べると半分以下ですよね。

田野さん:なるほどねぇ~!その見比べは全くしていません!

川口:じゃあ、今からラジオやめて帰って見ないと(笑)

田野さん:帰らないと(笑)ちなみに、西側は見ました。

西日当たるかなと思って。

川口:そっち側はひどいですよね。

田野さん:そうなんですか?南と西だったらどっちがひどいんですか?

川口:我々の見解から言うと西側のほうがひどいです。

田野さん:ああ、そうですか!

川口:ただ、西側にお隣さんとの壁が近い場合もあるんですけど、我々がまず見るのは西側ですよね。

田野さん:なるほどねぇ。

本当に西日、強いですもんね。

長時間当たりますしね。

川口:そうなんです。

田野さん:私も西を見て艶がないと思いました。

で、触ってみたんですけど粉はつかなかったです。

川口:あ、粉はつかなかったんですか?なるほど。

田野さん:これ、粉がつく壁とつかない壁があるんですか?

川口:両方あるんですよね。

田野さん:だから、粉がつかないから安心ってわけではないんですよね?

川口:そういうわけではないですね。

水をはじいてるかはじいてないかが大事だと思いますよ。

田野さん:この粉がつく壁とつかない壁って、何が違うんですか?

川口:工場で板を作った時の作り方が違うんでしょうね。

一番わかりやすく言うと、粉を噴きやすいのは、今はほとんどないんですけど、家を建てる時に建築現場で塗装をした壁なんかは粉を噴きやすいです。

田野さん:ん?

川口:工場で作った壁を家を建てるときに持ってきてペタペタと貼る家と、無地の白い壁を持ってきて現場で塗装・・・塗装屋さんが新築の現場で塗装をする場合もあるんです。

田野さん:そうなんですね!最近って割と工場から持ってくるタイプが多いですよね。

川口:ほとんどそれなんですよ。

でも、粉を噴きやすい、噴きにくい壁の違いっていうのは実際にあります。

田野さん:だから安易に「粉を噴いていないからいいか」ではないっていう事なんですね。

川口:そうですね。

そうではなくて、防水機能があるか無いかって事が大事になってくると思います。

田野さん:防水機能があるか無いかっていうのは、どこでどうやって見たらいいんですか?

川口:うーんっとね、素人さんだとどういう見方がいいのかな・・・まぁ、水をはじくか吸っちゃうかっていうことかな。

田野さん:うん。

川口:赤ちゃんの肌って水をピャッとはじくじゃないですか。

小さい赤ちゃんの肌ってね。

田野さん:はい(笑)

川口:でも、ほら・・・田野さんもはじくのかな(笑)

田野さん:しっとりします。

ええ。

川口:ははは(笑)そうなったら、アウト。

田野さん:ああ、これアウト・・・!ああ、わかりやすい。

川口:わかりやすい?怒らないでくださいよ(笑)

田野さん:うちの壁は、アウトです(笑)全然はじいてないと思う。

川口:はじくのが望ましいですよね。

田野さん:ちなみに、苔も生えていました・・・。

川口:うん、苔が生えるという事は防水機能が低下している証拠なんですよね。

要するに、湿気をずっと持っているという事ですから。

湿気のない所には苔は一切生えませんから。

田野さん:苔なのかな、何か緑の・・・

川口:それはやはり・・・

田野さん:苔?

川口:苔(笑)防水機能が低くなっている。

防水機能が全くないとは言わないんですけれど防水の効果がちょっと落ちてるんじゃないかなっていうサインではあると思います。

田野さん:そろそろですね。

川口:そうですねぇ。

田野さん:例えば、私は全く掃除はしないんですけど、すごくきれい好きな人がいて、外壁もいつもゴシゴシ掃除をしていたとすると、外壁って早く傷んでしまうんですか?

川口:実はそうなんです。

田野さん:やっぱりそうなんだ!

川口:きれい好きの方はゴシゴシとブラシで擦ってくれるんですけど、実際は塗膜にとっていいことではないんです。

水で洗い流すくらいならいいと思うんですけど、ブラシを使ってゴシゴシゴシゴシやると、まあ綺麗にはなるんですけど、塗膜も一緒に痛めてしまいます。

傷がたくさんつきますから。

田野さん:実は、苔を見つけた時に掃除するか悩んだ結果、そういう心配があると思ってやめたんです。

・・・っていう言い訳にしたんですけど(笑)

川口:そうでしょう。

面倒くさかったんでしょう?

田野さん:(笑)でも、あんまり外壁は、擦ってまで掃除するもんじゃないよってことですね!

川口:まあ、柔らかいもので拭けばいいじゃないですか。

水をかけてタオルで拭けば傷はつきませんから。

田野さん:それはやったほうがいいんですか?

川口:まあ、美観上はやったほうがいいでしょうね。

田野さん:えー。

川口:それをやることによって長持ちするかって言われたら、ちょっと分からないですけど。

田野さん:あ、じゃあ、あくまでも見た目の問題?

川口:そうですね。

業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です