外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

DIYで作ったものを長持ちさせるためには

【第22回 放送分】

DIYで作ったものを長持ちさせるためには

 
田野さん:今日は私から川口さんに質問があります!
実はわたし、小さな庭に小さなウッドデッキを作ったんですよ。
 
川口:いいですね~。
 
田野さん:頑張りました!でも作っただけなんですよ。
だから防水とかしたほうが良いのかなって。
ただどんな物をどんな風に塗ったらいいかよく分からなくて。
家で簡単に防水というか、長持ちさせる方法とかってあるんですか?
 
川口:木は湿気を吸ったり吐いたり、呼吸をするんです。だからペンキを塗るのではなくて、木に染み込ませるような、そういう薬品を木に塗るといいかもしれないですね。ニスに近いイメージかな。
 
田野さん:街を見ているとログハウスみたいなものも建っているじゃないですか。
ああいうのも木の色はしているけど、実は何か塗ってたりするってことですか?
 
川口:うん、木部用のきちっとした塗料が塗られているっていうことですよね。
塗料というか・・まあ簡単に言うとホームセンターなんかでもキシラデコールとかナフタデコールという木部用の塗料が販売されてますから、そういうのを塗ってあげると木材の保護にはなりますね。
 
田野さん:へー!じゃあ、夏休みに自由研究で何か作ったよっていうお友達も、そういうのを塗ってあげると長持ちするんですね。
 
川口:そういうことです。
よく見ますよね、日曜大工でお父さん達が塗ってる・・
 
田野さん:うん、たまに見ますよね。
 
川口:あれホームセンターに売ってますから。
あれを塗れば大丈夫だと思いますよ。
 
田野さん:あと刷毛も悩んでて。
刷毛って一回塗って置いておくとバリッバリに固まっちゃうじゃないですか。
あれって使ったら洗ったりするんですか?
 
川口:うん。使ったら薄め液だとか、水性の塗料ならお湯できちっと綺麗に洗ってから保管しておく。
あと、保管をする時はペン立てみたいな物に毛先を上に向けて保管する。
毛を下にして保管しちゃうと変な形がついて次使うときに塗りにくくなるので、持つ柄の部分を下にして保管をしておくとまた何回でも使えますよ。
 
田野さん:川口さん達は毎日その作業をしてるんですか?
 
川口:もちろんですよ。
現場が終わると綺麗に刷毛を洗って、刷毛漬けと言われるケースにきちっと入れてね。
僕らはそれも仕事ですからね。
 
田野さん:でも同じ現場だったらまた同じ色を塗るかもしれないでしょう。
だったら洗わなくてもいいのかなって思っちゃうんですけど。
 
川口:同じ色でも洗わないと良くないですね。
さっき言ったみたいに変な形がついちゃったりすると綺麗に塗れなくなっちゃうので一回一回洗ってきちっと毛先を上にしてね。
あとは刷毛を地べたにつかないように釣るしておくと長年使えます。
 
田野さん:毎日やるんだ~!
 
川口:そうです。
それまでが我々のお仕事ですから。
 
田野さん:でも、それって翌日のお仕事までに乾いてるんですか?
 
川口:乾かなくてもいいですよ、綺麗に洗ってあれば。
濡れたままでも大丈夫です。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です