外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

外壁を気に入った色にしたい!

【第16回 放送分】

外壁を気に入った色にしたい!

田野さん:また、そういう色選びも悩むところだと思いますが、色にもすごい種類があるんですよね。
川口:そうですね、640色以上。まあ、海外の塗料なんかだともう何千種類とあるんですが、日本で主に使われている、日本塗料工業会が色見本を出しているんですが、その色見本帳には640色くらいの、600色以上の色があります。
田野さん:でも、色見本を見せてもらっても、そんな小さいものだと家全体のイメージってなかなかつかめないんですよね。
川口:そうですよね。だから、最近の塗装屋さんっていうのは、カラーシミュレーションといいまして、田野さんの家の写真を撮って、その写真をパソコンに取り込んで、パソコン上で色を着けちゃうの。そして、それをプリントアウトするの。そうすると、完成後のイメージが湧きやすいですよね。
田野さん:そうですよね。
川口:そういうサービスも今ではほとんどの塗装屋さんがやっているんじゃないかな。
田野さん:イメージしやすいですよね。じゃあ、逆に、色なんて考えたくない、この色を気に入って建てたんだ、この色を替えないでという人もいますよね。
川口:もちろんたくさんいらっしゃいますよ。
田野さん:そういう場合はどうするんですか。
川口:南面だとか西面というのは太陽の影響で日焼けをしていますから、普段、日光の当たらない建物の北側へ行って、新築のときは何色だったんだろうと、まあ、新築のときの色が一番よく残っているのは北側ですからね、その北側へ行って色見本帳と照らし合わせて新築のときの色を割り出すというのかな。で、それをまた塗ると。
田野さん:へえー。おうちがまるっきり新品になったみたいに見えますね。
川口:そうですね。
田野さん:いやいや、ぜひ皆さん・・・、10年ぐらいでしたっけ。
川口:そうですね。
田野さん:そろそろという方はご検討いただきたいと思うんですが、10年たってなくても、もちろん塗り替えはしてオーケーなんですよね。
川口:もちろんです。早いに越したことはないですけどね。ただ、やる必要があるか、ないか。まあ、これが一番お金の掛かることですから、これが一番重要。実は、今日の午前中はお客さまのところへ呼ばれて行っていたんですが、尋ねてきた業者さんに「もうこれはすぐやらないと大変なことになるよ」って脅されちゃったので川口さん見てということで行ってきたんです。まあ、何ともなかったですけどね(笑)。「まだいいですよ」と言ったら安心していましたけどね。
田野さん:そういうのはお金が掛かるんですか。
川口:掛からないです、お金はいただいていないんですが、やっぱり心配になっちゃうみたいで。そうやってピンポーンって尋ねてくる業者さんはたくさんいらっしゃって、その方に、言葉は悪いけれども、脅されちゃったのかな。だから、ちょっと心配だからということでうちに連絡がありましたので、今日の午前中に行ってきたんですね。そしたら、「まだ2年ぐらいはいいよ」なんて言ったら、お客さんも安心していました。
田野さん:ちゃんと見る人が見れば分かるということですね。
川口:そうですね。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です