外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

魔法の塗料 光触媒の価格と耐久性

【第10回 放送分】

魔法の塗料 光触媒の価格と耐久性は?

田野さん:前回は「汚れが付きにくい」塗料の話をお伺いいたしました。
川口:魔法の塗料ですね。その魔法の塗料のことをもっと詳しくお話を聞きたくて、前回ご登場いただいた安井さんにまた今回も来ていただいております。
田野さん:それでは、早速ご紹介をさせていただきたいと思います。TOTOエクセラ株式会社、営業推進部、中部営業所、安井朗(やすい あきら)さんです。さて、前回お伺いしました光触媒の技術で汚れが付きにくいということでしたが、この塗料について改めてもう一度ご紹介ください。どういった塗料なんでしょうか。
安井さん:TOTOが2000年から発売しています、「光触媒」という技術を使った塗料です。何かというと、酸化チタンという白い粉が中に入っております。外壁はどうしても汚れてくるんですが、その酸化チタンに太陽の紫外線が当たると、外壁に付いている汚れを分解し、汚れを剥がれやすくして、雨が降るとその汚れを浮かして洗い流してくれるという。そんな汚れが付きにくい塗料となります。
田野さん:何かとても不思議なんですが、しっかり耐久性もあるということでしたよね。
安井さん:そうですね。外壁の塗り替えで使っていただく商品としては3タイプご用意しています。10年から15年の耐久性のタイプ、15年から20年の高耐久のタイプをご用意しています。
田野さん:ということは、耐久性によってお値段も違ってくるということですか。
安井さん:そうですね。
田野さん:これ、お値段は少しお高くなってしまうんですか。
安井さん:よく言われます。「光触媒塗料って高いんじゃないの?」とよく言われるのですが、実はそんなことはなく、今の一般的に塗り替えで使われている塗料の中で「シリコン塗料」といわれる物があるんですが、それがどうでしょう、川口さん、今、塗り替えで・・・。
川口:6割くらいじゃないでしょうか。6割のシェアがあると思いますね。
安井さん:その塗料が一般的なんですが、それとほとんど変わらない値段でできる材料から、お客さまのご要望によってはそれをグレードアップさせた塗料もご用意しております。
田野さん:ということは、普通の予算と変わらずに、この光触媒の塗料で塗り替えをすることができるということですか?
安井さん:はい、可能です。
田野さん:実際に見た目もほかの塗料と変わりがないということでしたが・・・?
安井さん:変わらないです。全く変わらないですね。
田野さん:この光触媒の力があるからと言って、色が限られていることもないんでしょうか。
安井さん:商品によって色数の制限はある程度されていますが、お客さまがお選びいただけるには十分の色数かなと思います。真っ黒、もしくはビビッドな色、真っ赤や真っ黄色などの色はつくれないですね。
田野さん:でも、一般の住宅を見ていて、なかなかそういう色で塗り替えるおうちもないですよね。
安井さん:そうですね。もともとはわりと皆さん明るい色を好まれていて、でも汚れてくるので濃いめにしようという方が多いんですが、そんな方のために、特に淡い色ほど効果は発揮しやすいですよね。汚れが目立ちにくいですから。
田野さん:例えば、もともと色が茶色だったとして、そんなに汚れないんだったら白にしたいといって、茶色の上に白を塗ることはできるんですか。
安井さん:もちろんできます。
田野さん:下の茶色が透けて見えないんですか。
安井さん:1回塗っておしまいではありませんで、最低でも3回は上から塗り重ねますので透けてくることはないです。
田野さん:それは以前、川口さんに教えていただいた、決まった数を塗らないといけないということですね。
安井さん:そうですね。
田野さん:ということは、その下地に関係なく、例えば、壁によって色が違うおうちがあるではないですか。そういうおうちも、全部同じ色にしたいんだという場合は、塗ってしまえば分からなくなってしまうという。
安井さん:大丈夫です。逆に言うと、色が透けてしまうような業者さんというか、腕だと、この塗料を使っていただいては困るわけです。
田野さん:あ、なるほど! そうですよね、そのへんが業者選びの大事なところになってくるわけですね。

第10回放送分

業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です