外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

光触媒って本当に効果があるの?

【第9回 放送分】

光触媒って本当に効果があるの?

田野さん:そもそも何がきっかけでこういうものが発明されたのですか。
安井さん:今から46年前に東京大学の藤嶋教授という先生が、この光触媒、先ほど申しました酸化チタンに太陽の紫外線が当たるといろいろなものを分解することをたまたま発見されました。
それで何か商品化ができないかということで持ちかけていただいたのが、実はTOTOなんです。
そこからTOTOと藤嶋先生で共同開発をしていって、この商品化に至っております。
田野さん:ということは、TOTOといえば水回りというイメージがあるのですが、水回りにもこういった技術が生かされているのですか。
安井さん:水回りは、また違う技術です。
田野さん:そうやって汚れない技術が、水回り、そして外壁といろいろなところで生かされているということなんですね。
酸化チタン、これは実際に見るとどんなものなのですか。
白い粉、ざらざらしている、小麦粉っぽい、どんなものなんでしょう。
安井さん:小麦粉みたいなものですね。
田野さん:でも、それを塗ると壁がざらざらしないんですか。
安井さん:酸化チタンだけではなくて、樹脂や顔料などいろいろなものに混じっているのでざらざらしないです。
色も艶あり、艶消しのタイプなどご用意していますが、一般の塗料と何ら変わらない風合いを出してくれます。
田野さん:例えば、街を見たときに、「あ、あれは!」と見た目で分かりますか。
安井さん:このTOTOの「ハイドロテクト」という塗料ですが、一般の塗料と何ら変わらないんです。
なので、正直、私どもが見てもなかなか分からないんですね(笑)。
田野さん:でも、そのくらい違和感なく全くもって普通に見えるのに、「うちは汚れないわよ」っていうことなんですね。
安井さん:そうですね。
汚れも目立たないので、そういう意味では目立たない塗料ではありますけどね。
ただ、光触媒塗料の光触媒技術の大半はTOTOが持っておりますので、光触媒の塗料としては日本一、もっと言えば、世界一に匹敵する材料かなと思います。
田野さん:すごく気になります!
こんなに掃除をしていたはずなのにって、気が付くともう落ちないくらい汚れてしまっていて、年末の大掃除ではいつも泣きたくなるくらいイライラするわけですが、そのイライラからも解放されるということなのですね。
安井さん:そうですね。
こだわった外観をいつまでもきれいに保ってくれますから、そういう意味では塗り替えの方のニーズにはすごく合っていると思います。
田野さん:住んでみないと分からないといいますか、初めて「こういうところに汚れができるんだ。しまった!」と気付いたわけですが、新築を建てるときからこの光触媒を使って塗装することもできるんですか。
安井さん:できます。
最近では住宅メーカーさんでも、大手の住宅メーカーさんでも光触媒の塗料を最初から塗られている商品も結構出ています。
田野さん:ということは、最初からそういうものを選ぶこともできるし、塗り替えのときにもこういったものを選ぶことができる。
安井さん:はい。
田野さん:でも、もともと塗ってあるのは普通の塗料、塗り替えのときに急にこれに替えることもできるのですか。
安井さん:できます。
田野さん:それは何か間にワンクッションを置いて塗るわけではなく、普通の塗り替えの作業で行うことができるのですか。
安井さん:はい。
もちろん光触媒塗料を塗る前に外壁の状態やどういう材料を使っているかに合わせて、その光触媒塗料と密着させるための下塗りはそれぞれに応じて選んでいただきますが、基本的には塗れると思っていただいて結構です。
田野さん:毎回ご紹介いただくたびに、あれも塗りたい、これも塗りたいと思うわけですが、川口さん、塗料っていろいろありますね。
川口:いろいろありますね。
田野さん:魅力的な塗料がいっぱいなのですが、どこにこういうものを塗ったらいいということは川口さんに相談をして。
川口:そうですね。
以前もこの番組でお話をさせていただきましたが、備前屋さんというおまんじゅう屋さんは真っ白な壁なんですが、今もすごくきれいなんです。
やはり備前屋さんの壁にも光触媒塗料、このTOTOの技術が生かされていますね。
田野さん:そんな身近にあったんですね。
以前も備前屋さんの壁は光触媒だと教えていただきましたが、これがまさにTOTOエクセラ株式会社さんの製品が使われている。
川口:そのとおりです。
非常にきれいですよ。
ほぼ毎日といっていいほど通るのですが、必ず車の中から見上げるのですが、非常にきれいです。
もうあれで8年か9年になりますから、ものすごい効果でしょうね。
素晴らしい性能だと思います。
田野さん:光触媒について、酸化チタンが頑張っていることが分かりましたが。
とにかく難しいことを考えずとも、きれいにしてくれる、汚れない、そんな不思議な塗料、魔法のような塗料だということですね。
安井さん:そうですね。
田野さん:色もいろいろ選べる、そんな光触媒の塗料。
実際に「どんな塗料なんだろう、実際に見てみたい」と思われた方は備前屋さん。
川口:そうですね、備前屋さんの外壁なんか見たらすごいきれいですよ。
「これで何年なの?」というくらいきれいだと思います。
田野さん:では、見ていただいて。
こういうものなんだということが、それで分かりますものね。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です