外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

ガイナは次の塗り替えまでどのくらい?

【第12回 放送分】

ガイナは次の塗り替えまでどのくらい?

田野さん:そんなガイナですが、1回塗ったら次の塗り替えまではなるべく期間が空いていた方がうれしいですよね。
嘉納さん:そうですね。
田野さん:次の塗り替えまでどのくらい持つものですか。
嘉納さん:ガイナの主成分がセラミックであるが故に、セラミックというのは無機の物なので、例えば、お墓に湯呑み茶碗が置いてあると思うのですが、あれは夏のどんな暑い時期も、冬のどんな寒い時期も劣化はしないですよね。ササッと洗えばそのまんまではないですか。ガイナは主成分がセラミックなので、ほぼああいう状態なのです。なので、基本的には10年から15年は持つのではないかと、メーカーとしては言わせていただきます。
 
田野さん:雨にも風にも、そして夏の暑さにも雪にも全部対応できるという。そして長い期間持ちますという。
嘉納さん:おっしゃるとおりです。なので、ガイナの実績としては沖縄から北は北海道まで全部あります。
田野さん:では、もう本当に地域を選ばずに。では、ぜひ塗りたいなと思うのですが、これは誰でも塗れるわけではないと先月にお伺いしました。
嘉納さん:そうですね。再度繰り返しになりますが、ガイナを買っていただいただけでは決して家の環境が変わることはないんです。施工店様にきちんと施工をしていただいて初めてガイナという製品になり得るので、やはりきちんとした施工店様に施工していただきたいというところがメーカーの要望です。弊社のホームページにも掲載させていただいておりますが、「提携施工店制度」を設けさせていただいています。ここであれば間違いなくきちんとした工事をしていただけますという会社様を掲載させていただいております。岡崎では唯一、川口塗装様が弊社の提携施工店としてお仕事をしてくださっています。
田野さん:川口さん、出番です(笑)。川口さんのところにお願いすれば、このガイナを塗っていただけるんですね。
川口:もちろんです。ガイナの性能の素晴らしさを生かすことが大事なので、今、嘉納さんがおっしゃったみたいに、ただガイナを買って適当に塗るだけでは性能は発揮されないんです。やはりメーカーさんがおっしゃる、きちんと決められたルールを守ってガイナを塗らないと意味がないということなんです。
田野さん:ガイナを塗るのは難しいのですか。
川口:難しいですよ、本当に難しいですよ。機能がこうやって素晴らしいが故に、やはり施工は少し難しいと思います。
田野さん:だから誰でもできるものではないということなのですね。このガイナを塗るにあたって、専用の研修もあるのですか。
嘉納さん:特に研修は設けてはいませんが、弊社の開発者の石子が、誰にでも使ってもらいたいという思いで、この塗料を販売させていただいています。ただ、研修はないんですが、こうやって塗ってくださいと伝える仕事が毎日の日々の営業の仕事になっています。川口さんのところにも何回もお邪魔をさせていただいて、その中でガイナについてご質問いただければ、お答えすることができます。逆に、むしろこちらから質問をさせていただくこともあるので、そういった塗装店様とメーカーの協業というのか、力を合わせたタッグマッチという形でガイナをやらせていただいております。
田野さん:販売会社は売っておしまいで、塗る方は塗っておしまいではなく、常に連携をして進んでいるということなんですね。
嘉納さん:そうです。施工店様あってのメーカーですので、やはりきちんとした施工店様はメーカーとしては大事にしていただかないと、ということはものすごく思っています。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です