外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

遮熱塗料と断熱塗料は違う?

【第11回 放送分】

遮熱塗料と断熱塗料は違う?

田野さん:では、ガイナを塗るだけで効果があるということなんですね。屋根や壁に使う塗料ということは、どんな色があるんですか。
嘉納さん:そうですね。いろいろな色がありますので、お客さまのご希望に添えるような色をご用意させていただいています。
田野さん:では、屋根はこの色で壁はこの色でなんて色も選びながら、種類も豊富な中から選んで色を塗り分けることもできるということですか。
嘉納さん:そうですね。全ての色に対応しているわけではないんですが、いろんな色がございます。
田野さん:気になるなぁガイナ!川口さん、実際にこのガイナというのは、岡崎市内でもいろんなところで使われているのですか。
川口:もちろんです。「夏場は2階の子ども部屋が暑いから何とかならないか」と、そういうお声を聞くものですから、じゃあ、屋根と2階の壁だけはガイナで塗りましょうかと。お客さまも「効果があるんですか?」「本当に涼しくなるんですか?」と、すごく心配されるのですが、やっぱりてきめんですね。間違いなく下がります。これは断言できますね。
田野さん:冬の寒さはある程度、今は暖房機器がいいですからつければすぐに暖かくなりますけど、あの夏のモワッとした嫌な熱気というのはエアコンをつけたくらいではなかなか取れないですよね。
川口:そうですね。このガイナという塗料は、今、田野さんがおっしゃいましたが、冬にも実は効果があるんです。これは遮熱塗料とは違って断熱塗料ですから、冬に暖かい、そして夏は涼しい、まさに魔法の塗料だと思います。
田野さん:遮熱塗料ではなく、断熱塗料。嘉納さん、これはどんな違いがあるんでしょうか。
嘉納さん遮熱塗料というのは、基本的に夏がメインなんですね。要は、暑い光を跳ね返すのが遮熱塗料と一般的に言われているんですけれども。であれば、逆に冬、暖かい光すら跳ね返してしまうのです。ガイナは、夏はもちろん涼しくもできますし、冬の暖かさを外に逃がさない。その熱の移動を断つという断熱の効果があるので、冬にも効果もある。といったところで、ほかの遮熱塗料といわれている物とは一線を画している物という意味合いで問題でないと思います。
田野さん:じゃあ、一年中このガイナが役に立つということですか。
嘉納さん:そうですね。皆さんの生活のお役に立てるかと思います。
田野さん:先ほど2階だけ塗るということでしたが、気になる部分だけガイナで塗っていただくという、その塗り分けもできるわけですか。
嘉納さん:そうですね。
田野さん:例えば、ガイナは、どんなところに使われている塗料なんでしょうか。
嘉納さん:もちろん一般の戸建て住宅もかなりの件数があるのですが、有名どころでいいますと、商船三井という車を運ぶコンテナ船があるのですが、その甲板の全てにガイナは採用されています。
田野さん:え? 船にも塗れる?船って、でも潮風や雨やいろいろなものにさらされるわけですよね。
嘉納さん:そうです。ああいった船というのは、基本的に、紫外線の赤道直下を通るのでかなり塗料としては傷むのですが、ガイナがそこに採用されている理由として傷みにくい、潮にも強い、塩害にも強い。そういったところで採用していただくことができました。
田野さん:へえー、船にも使えると聞くと、ちょっとこれは安心感がまた増しますね。それだけ丈夫ということなんですね。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です