外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

アクリル塗料とピュアアクリルの違い

【第2回 放送分】

安価なアクリル塗料とピュアアクリルの違いは?

田野さん:それからほかにはどんな物がありますか。
川口:あとは、アクリル。
これは、今ではもうほとんど使う人がいなくなっちゃいましたか、わずかにはいるのかな、15年、20年前の新築の建売住宅の外壁なんかは、このアクリルという塗料で塗られていることが多かったですけれども、これの特徴としては非常にお値段が安いということです。
ただし、耐久性の面ではよくないですね。
おおよそ3年から5年の間には次の塗り替えをしないといけないという。
お値段が安い分だけ長持ちは期待できない塗料です。
田野さん:あっという間に塗り替えがきてしまいますね。
川口:そうなんですよね。
ですから、今はこのアクリルを勧める塗装屋さんはほとんどいないですよね。
せっかく足場をかけて塗装するわけですから、最低でも7年から10年くらいは安心していたいなという、それがお客さまの本音だと思うのですが、そうするとこの塗料が使われることはありません。
最近は少ないですね。
田野さん:あと、最近使われる塗料には何かありますか。
川口:最近は、ピュアアクリルです。
ピュアアクリルという塗料があります。
田野さん:先ほど使われなくなったとおっしゃったのはアクリルでした。
川口:そうなんですね。
このアクリルというのは、塗料の中に可塑剤などいろいろな物質が入っているのですが、これを全くなくしたアクリル100%の塗料という物がピュアアクリル。
この塗料の特徴としては、非常に耐久性があるということです。
もう一つは、防水能力に長けている
あとは、高弾性です。
高弾性というのは、例えば、地震が来て家にひび割れが入ったりするのですが、そのひび割れもこの塗料が助けてくれるのです。
輪ゴムのような柔らかさを持っているのです。
ですから、震度4〜5の地震が来て家の壁にひびが入ることもあるのですが、この塗料を塗っておくと、下にはひびが入るのですが、上の塗膜、塗料の膜が助けてくれるという特徴があります。
実は、これはオーストラリアの材料なのです。
オーストラリアというのは、非常に暑い国で紫外線が日本の3倍くらい強いのです。その過酷な環境の中で耐えられるためにつくられた材料なのです。
ですから、紫外線に強いということは耐久性が非常にあるということ。
もう一つは防水性です。
雨にも強いということです。
あとは、先ほども言った伸縮性。
輪ゴムのような柔軟さを持っているという。
これは特殊塗料なのですが、非常にいい塗料です。
最近、岡崎でも使われる方はたくさん出てきました。
ただ、フッ素と同じで少しだけ高価です。
田野さん:なるほど、いい物はそれなりにお値段もということになるわけですね。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です