外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

一番ポピュラーな塗料は?

【第1回 放送分】

住宅の塗り替えで一番ポピュラーな材料は?

田野さん:塗るのは、塗料ですよね。この塗料というのは、どんな物なのですか。
川口:ちなみに、どんな塗料だと聞いたことはありますか。
田野さん:えー、ペンキしか分かりません。
川口:そうですね。ほとんどの人がそうなんですが、
今、日本で住宅の塗り替えで一番ポピュラーな材料は、「シリコン樹脂塗料」です。
あとは、聞いたことがあると思いますが、「フッ素樹脂塗料」です。
最近では東京スカイツリーにも塗られている物がフッ素樹脂塗料です。
ですけれども、今ほとんど出る物はシリコン樹脂塗料が主流となっております。
田野さん:これは、どんな違いがあるのでしょうか。
川口:簡単に分かりやすく言いますと、耐候性の違いなのです。
10年くらい前に一番ポピュラーだった物は「ウレタン樹脂塗料」が一番出ていましたが、ここ7〜8年前からはシリコンに変わってきています。
あとは、お値段の違いもあるのですが、先ほど言いました、フッ素樹脂塗料になりますと、値段も1.3倍から1.5倍くらい高くなりますので、
なかなか一般のお客さまが選ばれることはまだまだ少ないですね。
田野さん:高い分、持つ年数が長くなるということですか。
川口:そういうことですね、耐候年数が長くなります。
田野さん:例えば、塗り替えを考えるときに、「今後50年を考えて見積もりを出してください」というお願いもできるのですか。
川口:50年はちょっとできないですね。
田野さん:では、ちゃんとそのときの予算に合わせて。
川口:そうですね。まあ、最長で約15年、今、最も優れている塗料でも15年が限度だと思ってください。
田野さん:では、いろいろな塗料の種類や色を選んで塗っていくことになると思いますが、
塗りたくても壁にはいろいろな物が付いていますよね。
例えば、家の照明、今では太陽光発電という物ですか、屋根にパネルが載っていますよね。
川口:屋根の上に載っていますね。
田野さん:そういう物は邪魔にならないのですか。
川口:邪魔なんです、すごく邪魔なんですけれども、
まあ、あんまり言うと太陽光発電の業者さんに怒られますので言いませんが、
やはり塗り替えのときには外してもらわないと責任の持てる塗装工事ができないものですから、
できることなら屋根のメンテナンスをきちんとして塗り替えを済ました後で太陽光を載せた方が家にとってはいいと思います。
田野さん:順番があるわけですね。
川口:そうですね。
田野さん:屋根、土台をきちんとメンテナンスしてから、その上に載せるという。
この順番を忘れないように覚えておかないといけないですね。
川口:その方がいいと思います。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です