外壁塗装・屋根塗装のご相談と無料診断は愛知県岡崎市の有限会社川口塗装へ。

プロタイムズ岡崎北店「有限会社川口塗装」

色選びのポイント

【第1回 放送分】

塗り替えするのはどこ?色選びのポイントは?

田野さん:では、このマイホームの塗り替えですが、塗り替えする場所はどんなところなのですか。

川口:塗り替えする場所はおうちによっても違うのですが、まずは外壁と屋根がメインです。中には、雨どい、その他、玄関の扉を塗る家もございますが、基本的には屋根と壁です。
田野さん:ということは、家の外側全般的に塗り替えをした方がいい、することができるということですね。
川口:そういうことですね。常に紫外線と雨にさらされている場所、これが塗り替えをする一番重要な場所ですね。
田野さん:家を買ったときは、この見た目や色が気に入って買ったのだけれども、だんだん飽きてきたという方もいらっしゃると思いますが。最初の色と違う色で塗り替えをすることもできるのですか?
川口:もちろんです。ほとんどのお客さまがそうしていますね。
田野さん:色はどのくらいの種類があるのですか。
川口:約640色あります。もう迷ってしまいますけれどもね。
田野さん:絵の具よりも多いですね。
川口:そうですね。我々塗装業者が常に持っている色見本帳を見ますと、640色くらいあるんですよね。
田野さん:では、「壁はこの色で、屋根はこの色で」と自由に選ぶことができるのですか。
川口:もちろんです。
田野さん:「その色はやめた方がいいですよ」というアドバイスもいただけるのですか。
川口:当然ですね。
田野さん:壁に適している色、屋根に適している色もあるのですか。
川口:適している色というのはないのですが、例えば、町内、ご近所さまの家の色も参考にしながら、あまり浮いた色ですと、よくないですよね。
田野さん:では、例えば、お客さまから「うちは水玉で塗装してください」というお願いをされたら、そういうこともできなくはないのですか。
川口:可能ですよ。可能ですけれども、私は止めます。
田野さん:近所との調和も、ということですね。
業社に見積りを取る前の外壁塗装の教科書
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください
無料診断と無料お見積りも受付中です